前を見ず歩くつもりなら先回りして道端に愛を落とそう(10首)

 
渋谷駅すくんだ足で会いに行く小さな情熱消えてくれるな
 
 
吹き消したならチャッカマン持っていくねマッチは怖くて火がつけられない
 
 
毎夜繰り返すoasisやり過ごす不眠と孤独とロッキンチェアー
 
 
「なにもない 大丈夫」苦し紛れに出た全ての嘘よ現実になれ
 
 
底つきのままでいる心が月の満ち欠けのようにあればよかった
 
 
つり革が持てない手首をごまかした長袖の青春また夏がくる
 
 
ハードルを越せないきみの最後の手 壁際によけて整理整頓
 
 
消えそうな思い出の話をしようセンチメンタルときどき嘘つき
 
 
前を見ず歩くつもりなら先回りして道端に愛を落とそう
 
 
踏み込まれたくない隠してることをごまかすように手をつないでる
 
 
言葉など役に立たない生きているほうが大事と言葉で記す

 
≫戻る