連載

書籍

交換日記

webインタビュー

アーカイブ

詩ステッカー

朽ちていく現実の話をしよう

朽ちていく現実の話をしようよ
男性専用マッサージのバリ風イラストの看板
爆発事故を起こしたまま残されている木材
ばらばらになったのはかつて家だった残骸
人間の想いだけが残っている土地
朽ちていく現実は愛おしいね 
 
明日を待つ日の話をしようよ
下を向いて歩いていたって道端に愛は落ちていた
それだけは決して忘れないようにと戒めながら
ぜんぶ自分のみちしるべとなっていくように
明日を待つ日は愛おしいね 
 
生きてきた重みの話をしようよ
お祭りの屋台ですれ違ったおじいさんが
カルメ焼きのお店を見て「懐かしいな」って呟いたほんの一瞬のできごと
わたしの耳に、入ったんだよ
生きてきた重みは愛おしいね 
 
真夏の草むらの話をしようよ
あなたに手を伸ばしてもいいですか
あなたに手を伸ばしてもいいですか あなたに手を伸ばしてもいいですか
真夏の草むらは愛おしいね 
 
ねむれぬ夜の話をしようよ
傘をさして歩く夜道
高架下で排気ガスと雨水に濡れた毛布
寝息がはみ出す段ボールハウス
ねむれぬ夜は愛おしいね 
 
何度転調をしても明るくなれない人生は
ちゃんと愛おしいですか
悲しいBメロなんていらないから
どうかこの口から漏れてしまう言葉に 意味をください
おはようとかおやすみとかじゃ足りない 毎日を
ちゃんと繰り返して生きていくから
どうかこの口から漏れてしまう言葉に 意味をください
今日からまた続いていく これがわたしの人生
今日からまた続いていく これがあなたの人生
今日からまた続いていく これがわたしの人生
今日からまた続いていく これがあなたの人生
 
 
戻る