ヘッドライン

 
「では、次の話題です」ではじまる政治スキャンダルと人の命の話が
同列で扱われる。ときどきおかしくなる優先順位。
 
風潮が知りたいからつけっぱなしのテレビ。
 
ネットスラングで埋まる中高生専用SNS。
 
スクールカーストで決まる使ってもいいボールペンの色。
 
“自業自得”で簡単に片付く名前を知らぬ誰かの生存権。
 
見出しだけ読めば分かったつもりになれるネットニュース。
 
ローンを組んでも買いたい自己肯定感。
 
石鹸とリネン室の匂いがする雑居ビルでお金を出して買った愛情。
 
予備校のビルに掲げられた学生ローンの受付。
 
奨学金返済のために休学する大学生アルバイトのニュースをスクロール。
 
再生し続けるミュージックアプリで簡単に消えた雑音。
 
と、同じく消されてしまった救急車のサイレン。
 
わたしを殴るあの人に投げ捨てた「じゃあ殺せばいいのに」という言葉。
 
過労死しないともらえないねぎらい。
 
もっとたいへんな人がいるのだから、と消された声。
 
保存もせずに削除したひとりごと。
 
悲しくない人の死なんて、わたしの人生に一度もなかった。
その全部を、わたしたちがこうして覚えていると約束をしよう。
こうして一緒に覚えていたら今日はいつまでも消えないから。
 
ひとつになれないわたしたちは寂しいから、
いつも行く坂道を陽気に登り続ける。
 
あなたが真夜中につぶやいてから
なかったことにして消した汚い言葉は、
何度も書きなおして整えられた文章の何倍も美しかったよ。
 
 
≫戻る