花つ月(はなつづき) 詩 / 曲 成宮アイコ

 
愛無き欲情が存在したから 間違えて生まれて来ました
ごめんなさい その言葉に逃げてた
他に居場所なかったから
  
けどずっとずっとずっと…キミに触れたかった
同じことを繰り返そうとしてるわたしを
潔癖なキミは軽蔑するかしら
  
逢い 泣き 涙 はらはら
もう隠さないで泣き喚いた
  
相変わらずな貴方の声 愛変わらずにいるわたし
堕落してるだけの姿 でも結局見捨てられない
  
切り離せない許せないし消せない 血縁の絆
愛されたいと今でも願ってしまう
夢に欲に全てに負けたのに
  
逢い 泣いて しまうのがこわい
誰かわたしの手をにぎって
「大丈夫だよ、死なないから。」って
笑ってだきしめてみせて
  
見えない場所が痛かったから もどかしくてずっと
見える場所に傷ばかり付けてた
そしてどうしようもなくて1人で泣いてた
  
逢い 泣き 失うのがこわい
否定しないで 拒絶しないで
消える人なら始めから来ないで
…触れないで
  
逢い 泣き 涙 はらはら
もう隠さないで泣き喚いてみたい
会い 泣き 涙 はらはら
 
≫戻る